【ルート営業とクール便トラックドライバー】27で転職しルート営業へ。給与は安定し家族への安心にもつながったが、自分の時間というものを半分捨ててしまった経験です。

【ルート営業とクール便トラックドライバー】27で転職しルート営業へ。給与は安定し家族への安心にもつながったが、自分の時間というものを半分捨ててしまった経験です。

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
30歳後半

【当時の職業】
ルート営業

【当時の住まい】
妻と子供と賃貸アパート暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
その他





【就職のきっかけと経緯】
正直なきっかけですが、配送ドライバーは楽なイメージがあったので就職したきっかけです。
経緯はハローワークにて応募しました。

【環境と仕事内容】
冷蔵品を運ぶクール便のトラックを乗っていました。
距離は隣の県の飲食店などに商品を営業もかねて配達してました。
お客様はお店のオーナーや、ホテル等の料理長などと直接お話ししたりする機会が多く、飲食業界の裏の姿を見れる仕事でした。
休日は固定で火曜日、日曜日でなかなか連休をとるには厳しい環境です。
給与は世間の一般的な金額より少し低いぐらいです。

【大変だった時期】
27歳で就職し、勤続1年目で運動不足となり慢性の腰痛になりました。




【大変だったこと】
@我慢する日々
取引先担当は、こちらが売主と分かって足元を見られ好き勝手なこと言ってくるときが多々ありました。
欠品でもしようものなら、ゴリラなみに大暴れしここぞとばかりにぼろくそ言われた経験もあります。
やはり下手にでてお客様の言いなりなり、自分の意見を押し殺す時が一番大変だった気がします。
A悪天候での運転
特に冬場は雪に振り回されます。
大雪時は高速が通行止めになることがよくあり通常だと1時間の道でも3倍の3時間以上かかることあります。
雪道のトラック運転は、はまらないように運転するのに必死で気が疲れます。
高速道路でのホワイトアウトは命の危険すら感じてしまいます。
前の車のテールランプが微かに見える程度のなか、それだけを頼りに運転します(何時間も)これは相当きついと思います。

【大変だった期間】
2年程度です。
その後は部門が変わったのでドライバーしてた2年ほど。




【当時の心境】
将来への不安をよく感じていました。
毎日ほぼほぼ同じルートを走り、空き時間はコンビニの駐車場で時間調整をしたりで気持ちが落ちる事も多々ありました。
それでも、自分なりに工夫をして道を変えてみたり、どこかお店に寄って見たりして気分を変えていました。

【職場が大変だった原因】
ルート営業という特殊な業務だったので、変に会社が厳しく、気さくな感じの人間が一人もいなかった事です!!




【仕事で良かったこと】
基本的にはこの会社の人間はほんとに気が合わない人間ばかりなので、嫌な事ばかりですが、その中でも会社の規模も大きく給与面ではかなり安定してるかと思います。
賞与も一般的に与えられていますので、あえて言うなら金銭面が安定してる飲みです。




【特にひどかった最悪の出来事】
個人のトラブル事情ですが、高速運転中に個人トラブルがあったときそのことばかり頭の中で考えていると、ぼーっとしていて気づいたら降りなければいけないインターを2つ過ぎて気づいたときにはもう遅かった事があります。
その時は人間考え事をしていたら、このような事が起きるんだなと実感しました。
さらにインターから降り、ユータンして高速に再度乗り降りるべきインターに降りたが、下道でも道を間違えたり客先でも失敗ばかりした最悪な1日がありました。
その時はさすがに、事務所へ連絡し営業に自分のところまで迎えに来てもらい、配達を交代するという対応をとりました。
不思議な事に営業車に乗り換え、帰り道では何もミスせず帰宅できた記憶があります。




【相談した人・助けてくれた人】
愚痴をいったり、相談したりできる人がまったくいなっかたです。
本当に合わない人間ばかりでいたので頼れる人もいなければ、仕事がおわればすぐ帰宅したくなるような人間関係でした。
助けてくれた人は記憶にありませんが、14でお話しした途中で配達を交代した営業担当が唯一かなと思います。

【改善のための行動】
それでもこの会社の人間とあわせていかないとうまくやっていけないので、最初は無理やりでも飲み会や、釣り等に参加し仲を作るように努力しました。
くだらない飲み会は、本当に苦痛な時間でした。
今思うと自分の貴重な時間を、もったいない事に使っていたなと思います。




【現在の状況と心境の変化】
それから10年以上経ちましたが、今ではまったく人間関係も気にならず、職場のなかでも大変な思いはしなくなりました。
こうなれたのも5年過ぎた頃からです。
それまでは16でお話した感じで必死にやっていました。
ここ最近は仕事中の精神面はかなり安定し、いろいろと任されるポジションにもなり昔よりかは充実した生活をおくれているような気がします。

【学んだこと】
どんなに自分に合わない人間や、職種、雰囲気、初めてやる仕事でも5年も続ければ絶対に変わると学べました。



【当時の自分へのアドバイス】
先ずは率先して転職を進めます。
我慢して5年続けてなれるのは慣れますが、これでは自分の貴重な時間がもったいないからです。
慣れて今のポジションになり、給与が安定してれば贅沢な話それに越したことはないのかもしれませんが、やはり我慢してまで時間を捨てるのが当時の自分に
アドバイスできるなら、本当に時間を有効に使い、少しでもやりたい事をやってほしい。