【2t車トラックの定期配送便】周りはおっさんばかり。その中で奮闘する毎日。どんな仕事でも人間関係は重要であるとを知った。

【2t車トラックの定期配送便】周りはおっさんばかり。その中で奮闘する毎日。どんな仕事でも人間関係は重要であるとを知った。

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
24歳

【当時の職業】
2t車の定期配送便

【当時の住まい】
賃貸アパートで独り暮らし。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
大卒で就職した会社からの転職で、翌日に仕事を持ち越さず気楽な職業という先入観でトラックドライバーになった。

【環境と仕事内容】
現在、役職は無く乗務員としてフリーで動いている。
2t〜10tすべてのウイング車を乗り、自動車部品と化粧品が主な荷物として関東県内の地場配送から往復1000q以上の長距離輸送までこなしている。
職員は200名程。
給料は450万円程。
寮は無いが遠方からの単身者に向けた賃貸アパートの手当てはある。
お客様は規律厳しいところが多い。

【大変だった時期】
24歳で就職し、約2年間2t車の定期便で薄給激務だった。




【大変だったこと】
24歳で前職の営業職を辞め、転職先ではドライバー未経験ということで2t車からのスタートであった。
その丸々2年間、前職よりも100万円以上年収が下がってしまい生活に苦労した。
また、業務内容も休憩時間がなく、お昼ご飯を食べるには運転中に頬張ることぐらいでしかできなかった。
休みも週1回しかなく、祝日も出勤である(祝日手当あり。
現在フリードライバーでは祝日手当なし)人間関係に関しては基本的に年上ばかりで20代の若い人材が少ないため古い流行物などを知っていないと会話が盛り上がらないことがある。
基本的にドライバーは電話が大好きなので、私がニュースを見ながら運転している時や早朝出勤で待機中に仮眠をとっている時でもお構いなしに電話をかけてくる話の長い面倒くさいおじさんがたくさんいる。

【大変だった期間】
24歳から26歳までの2年間。




【当時の心境】
このまま年収300万円代ではろくに生活がままならず、新人が入ってこないため定期便入れ替えの人員がいなく大型に乗って給与アップのチャンスが無いと将来に大きな不安があった。
それでも大きな車に乗りたいという気持ち一心で乗り越えることができた。

【職場が大変だった原因】
めんどうくさい特定の人物がいたがその便を抜ければ関りはほとんどなくなるので日々多大なる我慢であった。
プラス休憩なしの薄給。




【仕事で良かったこと】
この業界では即決即断が求められるので、常にイエスマンであることが遠い未来に楽をできるポジションにつける可能性が高い。
今現在でも基本的にイエスマンを貫いているので割と仕事のしやすいポジションを手に入れられていることが結果につながっているような気がして嬉しい。




【特にひどかった最悪の出来事】
2t定期便配送をしていた時、10人ほどのサブリーダーに抜擢されたが周りが自分よりはるかに年上の人ばかりで気を使わないといけなく大変であった。
それに加えて地位的にも少し上であるのにも関わらず周りと同じ月給であったりむしろ自分よりも多く給料をもらっている人がいるという現実に毎日はらわたが煮えくり返る気持ちで仕事をしていた。
また、取引先の人とも仕事の問題点について話し合ったり、その問題点の解決に向けた行動や周りへのアナウンスなど、特に仕事が多く振り分けられていた。
やはりそこで一番ネックだったのが給料だ。
もともと薄給であるのに加え周りよりも仕事が多くきついコースばかり振り分けられ、なおかつ雑仕事も多く本当疲れていた。




【相談した人・助けてくれた人】
基本的にはよく面倒を見てくれている上司がいたので早く2t定期便を抜けて大型に乗らせてくれという話をかなりしつこくしていた。
その結果それが仕事へのアピールにつながり運送業3年目で大型ドライバーになることができた。

【改善のための行動】
問題が起きた時に改善するにはやはり話し合ったり命令をすることが必要であった。
前述のとおり周りの人は年上ばかりでむしろ私が最年少であったため、言い方に気を付けないとプライドを傷つけてしまったり今後の仕事に影響が出てしまうので、人間関係を維持しながら問題解決に臨まないといけなかった。




【現在の状況と心境の変化】
今現在はフリーとして仕事をしているので、その日によって仕事内容が違うが特に長距離運転をするときはニュースを見たり大気中に本を読むことができたりなどと、ほかの業種に比べて自分の時間を取れることが多くなり特別感を感じることができている。
仕事を覚えれば覚えるほど待機時間が多いなど積み卸しが楽な仕事などと良い仕事を回してもらえるようになった。
ちょうど大型に乗り始めた3年目あたりからであるが有効活用できる時間を作れたりして、1日の仕事は12時間以上と長いが充実した時間を過ごせるようになった。

【学んだこと】
とにかく人間関係はどんな人であってもうまく取り次いでいかないと、その後の仕事に大きなデメリットを生じてしまう。



【当時の自分へのアドバイス】
とにかく我慢我慢の日々であるのでとにかく忍耐強く仕事を続けること。
トラックドライバーの運転中、積み卸し中は重大な人身事故につながるため、より一層の注意をして仕事をしてほしい。
商品の物損事故であっても自分への評価に直結するので、小さなことであっても十分に注意を払ってほしい。
もちろん運転に関しても焦ることなくいつも平常心で安全確認を行い業務にあたってほしい。